顔汗発生の原因や環境

緊張するとなぜ汗をかくのか?精神性発汗を理解して克服しよう!

投稿日:

緊張したり不安になったりした時に汗をかいて困っていませんか?それらの原因となる発汗作用が人間には存在します。それは「精神性発汗」と呼ばれるものです。この精神性発汗について調べてみましたのでぜひご一読ください。顔汗が少しでも抑えられることのお役に立てば幸いです。

精神性発汗とは

精神性発汗とはストレス、緊張、興奮、不安、恐怖、驚きなど、精神的刺激を受けると発汗してしまう汗の事です。
精神性発汗で汗が出るのは上記の状態の時に、心拍数が上がったり、体温の上昇などにより、精神が不快を感じ、交感神経が自分の意識とは関係なく、無意識化で刺激されて出てしまうのです。
無意識でもストレスを感じていたりすると汗が出てしまう例として「人に汗を見られたくない」、「今汗をかいたら困る」、「また怒られる」、「この人に自分をよくみせたい」、「これは失敗出来ない場面だ」などがあります。
また過去の思い出を再度経験する場面になると無意識に自然と汗が出る事があります。上司に怒られた嫌な思い、心霊体験での恐怖、面接で何度も落ちてしまった経験、再検査が必要と言われ時の気持ちなど。
緊張や不安を感じる場面であればあるほど汗が出てしまう場合があるのが精神性発汗なのです。

どんな人が精神性発汗になりやすい?

精神性発汗になりやすい方には特徴があります。真面目、努力家、完璧主義者、シャイで恥ずかしがり屋な人などなど。自分が他人にどう映るのか気にしてる、周囲の人達に気を使い、それにより自分にストレスを与えてしまっている人が精神性発汗になりやすく、汗をかきやすい体質になってしまっているのです。
ですので「汗を出したくない!」、「汗を見られたくない!」、「出た汗を止めなくちゃ!」、「あと少しだけ我慢して!」、など思えば思うほど自分の想いとは裏腹に汗は反比例し大量の汗が出てしまうのです。

精神性発汗は何のためにあるのか?

所説ありますが、人間がまだ裸で狩りを行っていた時の名残の由来があります。敵と遭遇した場合に緊張状態になり、体温が上昇し、体の熱を放出しないといけない場面。普通の発汗では遅く、精神性発汗という精神的刺激からの発汗により汗を瞬時にかける発汗を取り入れたそうです。外敵から自身を守るために必要だった発汗だったのです。
外敵がいない現代社会において、精神性発汗は不要の産物にしかならない人間の発汗作用になってしまっているのです。

精神性発汗を抑えるには?

精神性発汗は交感神経の状態によってで些細な出来事でも不安な気持ちによって緊張状態にして出てしまう汗です。なので、精神状態を正常に保つのが必要不可欠です。

1、生活リズムを整える

普段の生活リズムを整え、安定した精神状態で日常を過ごせる状態を作る事が大切です。
夜中スマホアプリが楽しくてついつい夜更かししてしまう。友達や恋人といる時間が楽しくて普段の生活リズムを崩すなどはNGです。

2、バランスとのとれた食生活

肉と米ばかりの偏食ではなく、魚や野菜をきちんと摂取しバランスのよい食生活をする事で、体内から健康になり正常な状態を作りだす。
深酒や、ダイエット中だからといってあまりにも食べ過ぎないというのもNGです。

3、適度な運動を取り入れる

普段の生活で精神性発汗しかかかず、運動による汗をかいていない場合は適度な運動により汗をかくこと。それにより汗の出る量を分散させ、汗を全身でかくことによりストレス発散にもつながる。
運動不足を解消することにより体の血流の流れ、自律神経の流れを改善し体を正常な状態に保つことが出来るのです。

4、悩みを解消させる

自分が今どんな事で悩んでいるかを確認し、その悩みを解消する。
仕事の事での悩み、プライベートでの悩み、家族や友人への悩み、将来への不安などなど。悩みに対して1つ1つ解決していくことが大切。

5、開き直る

汗をかきたくない場面ほど「汗を止めたい!」と思ってしまいます。そこで逆転の発想で「汗をもっとかいてやる!」と思うことにより、汗をかいてもいいんだと自分に思い込ませることで汗が収まってきます。
考え方次第ですが、むしろ汗をかいていた方が"頑張っている感"がでるのも確かですよね。マイナス思考を止めて、プラスの気持ちで汗に対して向き合う事により汗が収まってくることがあります。
人にどう思われているかを一回忘れてみましょう。自分が思っている程、他人は自分に興味ないのです。人前で何かをする時によく「かぼちゃだと思え」と言われた経験があると思います。緊張を抑える時に他人を自分に関心の無いものだと思いこます事により、緊張を緩和することにより不安を無くし、汗をかかなくするのです。

6、自律神経の薬を処方してもらう

上記の方法以外にはお医者さんで自律神経の薬を処方してもらい、薬により自律神経を正常値に保つ方法もあります。
この方法の場合は、医師とよく相談して処方してもらってください。(内科、精神科などで処方可能)

まとめ

精神性発汗は自分が育ってきた環境や出来事を元に、現時点で置かれた状況によって発汗が関わってきます。そしてそれは日ごろの生活、感情、場所によって大きく変わってきます。
なので「精神性発汗を抑えよう!」と思うのではなく、発汗すると思われるものと一つ一つ向き合い、治していくことが精神性発汗を治す近道です。

よく読まれている記事

サラフェプラス公式サイト 1

顔汗を止める方法をネットで検索していると、顔汗対策グッズとしてよく目にするのがサラフェプラスではないでしょうか? そしてサラフェプラスの事を色々と調査していると「効果あり!」「ちゃんと顔汗止まる」など ...

筋肉と脂肪 2

痩せている人と太っている人とでは「汗をかいている人」のイメージが違います。また男性と女性でも「汗をかきやすい」イメージが違うと思われます。 なぜ痩せてる人より太っている人の方が汗をかきやすいのか?なん ...

3

顔汗用のクリームって効果あるの? 顔汗に困って対策方法などを探しているとよく見かける商品がありませんか?そう顔汗対策用のジェルやクリームなどです。その中でも有名なものとして「サラフェプラス」「テサラン ...

-顔汗発生の原因や環境

Copyright© 顔汗対策サイト , 2021 All Rights Reserved.