顔汗発生の原因や環境

寝不足は翌日の顔汗に影響する!?改善のために睡眠はしっかりと!

投稿日:

あまりよく寝れずに起きた日は寝汗がひどく、その日の顔汗がひどくなったときはありませんか?大量の寝汗は顔汗と同じことが原因でかいているかもしれません。また、睡眠の質はそのまま顔汗をかく原因に直結することがあります。睡眠と汗についての関係を知って、顔汗対策に役立てましょう。

睡眠中に汗をかく原因

睡眠中にかく汗は身体の体温調節をして体温を下げる事により、深い眠りにつくためのものです。
一晩の睡眠でかく汗の量はコップ一杯分(約200cc)と言われています。それほど睡眠中の汗は人の体にとってごく自然な発汗であり、当たり前な生理現象なのです。
しかし、たまに朝起きたら布団やパジャマがびっしょり!というような経験があります。このようなコップ一杯分以上の大量の汗をかく場合は、色々な要因があると言われています。

就寝前にとった行動

・暑いお風呂に浸かる
・アルコールを摂取する

体調の変化

・更年期障害
・妊娠などによるホルモンバランスの乱れ

精神的なものから

・ストレス
・不安

寝ているときにも精神性発汗で汗の量が変わってくることが分かっています。顔汗と似ている点がありますね。
また、寝ている間に見る夢も汗をかく原因の1つです。
心霊・殺人などの恐怖を感じる夢。学校・会社などで怒られている夢などなど。嫌な夢を見て起き上がった時に汗ばんでいる時などあると思います。これは夢で精神的・ストレス的な事を感じて出ている汗で、寝ている間も精神性発汗をしているのです。

顔汗が酷い人は睡眠中も汗をかきやすい

上記で説明したとおり、睡眠中の汗は生活習慣や精神的ストレスが原因なものがあります。顔汗をかきやすい人は寝汗もかきやすい傾向にあり、現に私も寝汗をかきやすいタイプです。
顔汗に悩んでいる方は同じ傾向ではないでしょうか?

睡眠を変えたら顔汗、寝汗は改善される

日中にかく顔汗にとって"睡眠をとる"ことはとても重要なことです。
しっかりとした睡眠時間を取ることにより以下の恩恵を受けられます。
・精神的ストレスが減少
・普段の生活習慣を見直せる
・疲労回復
そして何より、十分な睡眠は安定した心を作り、その状態で日々の出来事に向き合えるのが一番大きいと思います。
顔汗は精神性発汗が大きく関わっています。しっかりとした睡眠をとり、体調を整えて、時間に余裕を持った生活を続けることで顔汗をかきづらくしていきましょう。

まとめ

私が顔汗で悩み始めた時期と仕事などで睡眠時間が不規則になった時期が重なるような気がします。
残業だけでなく、次の日が休み!という夜などにお酒を多めに飲んだりしていました。するとより不規則な時間の睡眠となり、翌日はいつも以上に顔汗が出ます。
顔汗をかきたくない、絶対にかけない!という予定がある日の前日はしっかりとした睡眠をとり、顔汗に対処しましょう。
いつも日頃から決まった生活リズムをして、不規則な睡眠のとり方をしないのが一番ですが…。

よく読まれている記事

サラフェプラス公式サイト 1

顔汗を止める方法をネットで検索していると、顔汗対策グッズとしてよく目にするのがサラフェプラスではないでしょうか? そしてサラフェプラスの事を色々と調査していると「効果あり!」「ちゃんと顔汗止まる」など ...

筋肉と脂肪 2

痩せている人と太っている人とでは「汗をかいている人」のイメージが違います。また男性と女性でも「汗をかきやすい」イメージが違うと思われます。 なぜ痩せてる人より太っている人の方が汗をかきやすいのか?なん ...

3

顔汗用のクリームって効果あるの? 顔汗に困って対策方法などを探しているとよく見かける商品がありませんか?そう顔汗対策用のジェルやクリームなどです。その中でも有名なものとして「サラフェプラス」「テサラン ...

-顔汗発生の原因や環境
-

Copyright© 顔汗対策サイト , 2021 All Rights Reserved.